日々のファンダメンタルズ、及川式、リオン式デイトレ実践&検証など

じゅごんFX:専業トレーダーの思考とほにゃらら

テクニカル分析

及川式、リオン式用 今週(2020年10月12日から)の主要通貨テクニカル分析

更新日:

じゅごん利用中 海外FX口座一覧
Axiory
リオン式ならGBPAUDのスプレッドも狭いAxioryで決まり


4時間足以上がトレード足なら、スプレッドは広くなるものの、ハイレバ&口座開設ボーナス&入金ボーナスがアツい以下もお勧め

GemForex
月数回ある100%入金ボーナスがアツい!
(1万円入金なら、1万円+ボーナス1万で2万円の資金のトレード
10万なら20万円分、100万円なら200万円分のトレードが可能になる!!
オールインワン口座のみ)



XM
ハイレバなら定番XM
最近スプレッドも狭く、ロスカットも現値近くにおけるようになり、かなり使えるように♪


10月12日(月)からのテクニカル分析

オージーテクニカル

AUDJPY(豪ドル円)

■先週のシナリオ(日足)

AUDJPY1005

10MA(赤線)に押し目つけて20MAをブレイクしに行く展開だった。

■AUDJPY日足

AUDJPY1011

ファンダメンタル的には、中国経済が堅調で人民元高に触れ、ゴールドなども上昇し、豪ドルも上げる展開。

中期的には引き続き豪ドルは上げる展開と思われるが、目先日足ボリンジャーバンド+1,+2σ辺りで反発する気もする。

現在+1σ&意識されているサポレジタッチしているので来週早々調整で一度下げるかもしれない。

AUDUSD(豪ドルドル)

ほぼAUDJPYと同じ展開であるが、BB-1σまでまだ多少余裕があるので、AUDUSDが-1σタッチからAUD(豪ドル)系は反発下落になるかもしれない。

こちらの及川師匠の動画でも言っていますが、市場が注目しているのは円よりドルなので、豪ドル円より豪ドルドルのテクニカルのほうが意識される、ということです。

■AUDUSD(日足)

AUDUSD1011

EURAUD(ユーロオージー)

週足はボリバンスクイーズしまくってきており、今週、来週あたり大きく動き出すかもしれない。

ファンダ的には上述したようにAUD上げなので、EURAUD的には下方向。

■日足

EURAUD1011

高値切り下げて下落してきているのは好印象。

目先サポレジ(青色)で一度反発するかもしれないが、MACD的にも目線は下方向か。

GBPAUD(ポンドオージー)

■先週のシナリオ

GBPAUD1005

上げて、直近のサポレジで反発する流れ。

■日足

GBPAUD1011

AUDJPY、AUDUSD的にも一度反発下落しそうな雰囲気なので、こちらも一度上げてから適当なサポレジから下落する流れのような気がする。

ちょうどBrexit交渉もあり、そこでもし決定的に決裂したら、テクニカルとも合致し、GBPAUD、EURAUD瀑下げの展開もあるかもしれない。

GBPUSD(ポンドドル)

■日足

GBPUSD1011

先週のシナリオ通り、GBPJPY、GBPUSD上げていく展開。

どちらもチャート的には週足、日足ともにわしのルールでは買いサイン点灯中。

ただ、ブレグジット交渉次第でどちらにも振れるというw

EU側は交渉期間の延長を提案しているが、ジョンソン英首相は交渉術ではなくガチで10月15日に合意できなければブレグジット交渉終了する可能性もあるとわしは見ており、そうなればGBP(ポンド)爆下げは必死。

リオン式通貨であるGBPAUDの売りは、めっちゃ面白いことになると思われ♪

EURGBP(ユーロポンド)

■日足

EURGBP1011

週足10,20MA辺りでもあり、一度反発上昇の可能性もあるが、日足チャート的には高値切り下げ、中期的に下落していく方向と思われる。

やはりテクニカル的にはポンドが強い。

EURUSD(ユーロドル)

ポンドほどではないものの、ユーロも強くなってきた。

■日足

EURUSD1011

こちらも週足で買いサイン点灯中であり、長期で持つならブレグジットの影響をポンドより受けにくい、こちらの方が良いかもしれない。

日足的には直近高値&+2σなどで一度反発下落しそうだが、調整しながら上げ方向だと思われる。

USDJPY(ドル円)

■日足

USDJPY1011

一見レンジっぽいが、月足、週足で見ると分かるが、着実に下落トレンド中。

まとめ

あくまでテクニカル分析で見た上の、大局的な通貨の強弱は以下の通り。

(じゅごんの独断と偏見ですw)

GBP>EUR>=AUD>JPY>USD

■大局的な買い方向通貨

GBPUSD、GBPJPY、EURUSD、EURJPY

リオン式:GBPAUD

(ブレグジット決裂なら)EURGBP

■大局的な売り方向通貨

なし。

リオン式:EURAUD

(ブレグジット決裂なら)GBPAUD、GBPJPY、GBPUSD

及川式、リオン式エントリの際も、上記大局的方向と合致していれば、伸びる&勝つ可能性がやや高まる、という意味です。

☆及川式の理解を深めるために

☆及川式の理解を深めるために

オージーテクニカルなど及川式のことが分からない方は、及川師匠の名著ガチ速FXYoutube動画(FXism)、系統立ててしっかり学びたい方はデイトレ大百科で勉強されることをお勧めします。

ガチ速FXは、デイトレ大百科の定番パターンなどをピックアップした及川式初心者に最適な基礎編的位置づけ。

デイトレ大百科は及川式のイロハから応用まで、動画で詳しく解説してくれる教材です。全部視聴するのに気が遠くなるほどの時間を必要としますが、わしも3回以上は繰り返し見て、自分のDNAに落とし込んでいますw

Youtube動画(FXism)は、デイトレ大百科やTRIBEなど、既存講座の補講的位置づけ(最新の相場での実践、応用など)

勉強する流れとしては、以下の感じが分かりやすいかの。

ガチ速FX > デイトレ大百科 > Youtube動画(FXism)

 

なお及川式天才チャートやリオン式チャート上に表示されている青や赤のpips、現在のすべてのポジションのTotal Pips数などを表示しているものはプロコントローラー改(プロコン改)という及川式トレードをする方の定番EA(MT4で動作するプログラム)です。

 

 

-テクニカル分析
-, , , ,

Copyright© じゅごんFX:専業トレーダーの思考とほにゃらら , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.